ホーム > 住友生命について > 會社情報 > 會社概要 > 沿革

沿革

1907(明治40)年 5月 日之出生命保険株式會社設立
(當社の創業年月)
1926(大正15)年 5月 住友生命保険株式會社に社名変更
1947(昭和22)年 8月 國民生命保険相互會社設立
1952(昭和27)年 6月 住友生命保険相互會社に社名変更
1960(昭和35)年 10月 住友生命社會福祉事業団(現住友生命福祉文化財団)設立
1977(昭和52)年 12月 「スミセイ絵畫コンクール」がスタート
1985(昭和60)年 6月 住友生命健康財団設立
1986(昭和61)年 2月 「スミセイ安心だより」送付開始
4月 「全國縦斷チャリティコンサート」がスタート
1990(平成2)年 4月 「いずみホール」(現住友生命いずみホール)をオープン
12月 「創作四字熟語」スタート
2001(平成13)年
4月 「LIVE ONE」発売
7月 本社ビル竣工
10月 生保8社による企業年金事務?システム受託會社ジャパン?ペンション?サービス(現日本企業年金サービス)設立
2002(平成14)年 10月 銀行等の窓口にて年金商品の販売開始
12月 三井住友アセットマネジメント(現三井住友DSアセットマネジメント)営業開始
2003(平成15)年 9月 「Qパック」発売
2004(平成16)年 10月 アリコジャパン(現メットライフ生命)との業務提攜
2005(平成17)年 4月 「スミセイの千客萬頼」発売
11月 中國人民保険と合弁で中國人民人壽保険を設立
2006(平成18)年 4月 「指定代理請求特約」発売
6月 外部専門家で構成する「保険金等支払審議會」設置
9月 スミセイダイレクトサービス開始
12月 保険金等の支払に関する「相談窓口」および「社外弁護士による無料相談制度」開設
2007(平成19)年 5月 創業100周年
6月 「未來を築く子育てプロジェクト(現未來を強くする子育てプロジェクト)」開始
11月 「がん長期サポート特約」発売
2008(平成20)年 3月 社外有識者で構成する「CS向上アドバイザー會議」設置
2009(平成21)年 2月 「入院保障充実特約」発売
10月 三井住友海上の個人向け?企業向け損保商品の全面販売開始
  保険代理店子會社を合併し、いずみライフデザイナーズに改稱
2010(平成22)年 4月 生命保険子會社メディケア生命営業開始
10月 エンベディッド?バリューを開示
2011(平成23)年 3月 ブランド戦略の開始
  新コーポレートブランドスタート
  「スミセイ未來応援活動」開始
2012(平成24)年 3月 「スミセイ未來応援サービス」開始
12月 バオベトホールディングス(ベトナム)と戦略的業務提攜を締結
2013(平成25)年 3月 「がんPLUS」「救Q隊GO」「ドクターGO」発売
  「スミセイ?セカンドオピニオン?サービス」開始
8月 「バリューケア」発売、「スミセイ ケア?アドバイス?サービス」開始
12月 バンク?ネガラ?インドネシア、BNIライフ?インシュアランスと戦略的業務提攜を締結
  「たのしみワンダフル」「たのしみ未來」発売
2014(平成26)年 3月 「スミセイアフタースクールプロジェクト」開始
6月 先進醫療給付金の醫療機関あて直接支払いサービス開始
  メディケア生命を完全子會社化
9月 「スミセイ健康相談ダイヤル」開設
  「YOUNG JAPAN ACTION 淺田真央×住友生命」がスタート
2015(平成27)年 7月 指名委員會等設置會社へ移行
9月 「1UP」発売
2016(平成28)年 2月 米國生命保険グループ「シメトラ」の完全子會社化
7月 「Japan Vitality Project」開始
10月 エヌエヌ生命と業務提攜を締結
2017(平成29)年 3月 「プライムフィット」発売
5月 住友生命創業110周年社會貢獻事業「スミセイバイタリティアクション」がスタート
7月 株式會社保険デザインを子會社化
2018(平成30)年 4月 「スミセイ?デジタル?イノベーションラボ」開設
7月 “住友生命「Vitality」発売”
  ソニー生命と業務提攜を締結
10月 アクサ生命と業務提攜を締結
11月 アクサ生命と「ウェルエイジング共創ラボ」開設
2019(令和元)年 4月 「parkrun」日本初開催
6月 シングライフへ出資
8月 アイアル少額短期保険を子會社化
9月 Vitality Day 2019開催
10月 “住友生命「Vitality」プラザ”の展開
2020(令和2)年 3月 認知癥PLUS発売
日本大胆欧美免费视频